パンの焼き色がつかない!考えられる理由と大切なチェックポイントとは?

「パンの焼き色がつかない!考えられる理由と大切なチェックポイントとは?」についてお伝えします。

パンを焼いたときに、うまく焼けないと、悩んだことはありませんか?
温度はちゃんと出ていると、思っていませんか?
癖があったりするのです。(オーブンによります)同じ場所だけパンが焦げてしまったりするのは、す。オーブンを購入してからの年月や、オーブンのタイプ・オーブンの使用頻度などもパンを焼くときには、参考になります

どうしても、オーブンによっての誤差は出てきてしまいます。
そこであったら、とっても便利で優れものなんです。
ちゃんと、温度どおり焼いたのに、パンの色が薄い~なんてことは、温度計があると、対策できますよ~

目次

パンの焼き色がつかない理由とは?

発酵はちゃんとできているか?

温度は一定ですか?
夏ですか?冬ですか?
発酵不足な場合は、パンの焼き色が薄くなる場合があります


パン生地の水分が多くなりすぎていませんか?

パンを作るには計量が基本です。目分量で計っている方おられますかあ~?
ちゃんと計量してからパンを作るほうが、失敗を避けることができます


オーブンは古くなっていないですか?

オーブンが古くなっていると、温度設定と実際のオーブン庫内の温度が違う可能性が高いので、
(経験談)
予熱をしてから、最後にパンを焼くと温度が保たれるので、パンの焼き色がでやすくなります。



パンの焼き色はオーブンの温度がポイント!

オーブンの温度が下がっているかも?

古くなるとオーブンの加熱力が下がるため、そんなときは、どうしたらよいのか悩んだりしませんか?オーブンの温度設定をしているのに、パンの焼き色が薄く、パンの焼き色がつかなくて悩んだことが、あったのです。
オーブンを買い替えるのも、お値段が慎重になりますよね。買い替えるのか、買い替えなくても対処できるのであれば、試してみようと思いますよね~?わたしが実際に対処してきたことを、ご紹介いたしますね~

そんな方にはタニタオーブン温度計がおすすめです!
タニタオーブン温度計23年間使用してみた感想。

その原因がまさか、温度がちゃんと上がっていないとは、考えつきませんでした。

オーブンの中にいれ温度計で計るとオーブン庫内の温度は、オーブンの設定温度と、温度計を、オーブンの庫内に入れ計測したら、実際のオーブンの温度は100度近く違ったのです。驚きました。
このことから体験できたことは、「温度設定をしているからちゃんと焼き色がつくわけではない」ということがわかり、パンの焼き色が出にくい原因はオーブンでした。購入してから、7年以上使用していたので、温度が上がりにくくなっていたのでした。いろいろと、対策をされても、パンの焼き色がつかない場合は、もしかすると、オーブンの使用が長いことが考えられるかもしれません。(オーブンの使用頻度により個人差あります)あなたのご参考になれば、幸いです。
温度計があったら便利なので活用されてくださいね。

パン一緒につくりませんか?

コメント

コメントする

目次